ここから本文です

瀬戸、夜の決戦大歓迎「野生の本能解放する」

デイリースポーツ 8月2日(火)5時59分配信

 リオ五輪の競泳男子400メートル個人メドレーで金メダル候補の瀬戸大也(22)=JSS毛呂山=が7月31日、試合会場で練習を公開。夜10時開始の決勝レースに向けて「野生の本能を解放する」と“野獣化”してライバル萩野狩りを狙う。

 不慣れな時間帯の決戦となるが、瀬戸はむしろ大歓迎だ。「夜の方がやっぱり(野生的になる)というイメージなので」。夜となれば自然とうずく本能。「この前(夜の練習で)泳いだときもメラメラした」と大爆発の予感を感じた。

 五輪を制するために“夜の帝王”になる。遅く寝て遅く起きる生活で夜型にもシフト中で「あとはどれだけ金メダルを取りたいか、ライバルに勝ちたいか」と闘志を燃やした。

 金メダルへのシミュレーションもバッチリだ。寝る前には目を閉じて本番の展開をイメージ。「前半の200メートルで体一つ分リードされてるくらいなら、後半に抜ける自信がある」。また、北島康介や柴田亜衣ら歴代の金メダリストの優勝シーンを見て研究し、「自分もこういう風に取るぞというイメージをしてる」と青写真を描いた。

最終更新:8月2日(火)7時38分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]