ここから本文です

庵野秀明『シン・ゴジラ』が1位!ハリウッド版を上回る快進撃【映画週末興行成績】

シネマトゥデイ 8月2日(火)18時14分配信

 8月1日に土日2日間(7月30~31日)の全国映画動員ランキングを興行通信社が発表し、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明が総監督・脚本を務め、日本版「ゴジラ」として12年ぶりに復活した『シン・ゴジラ』が初登場1位を獲得した。

【写真】ゴジラ対日本の戦いやいかに?

 先月29日の金曜日に初日を迎えた同作は、土日だけで動員41万2,302人、興行収入6億2,461万700円を記録。これは2014年夏に公開されたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』が記録した動員33万9,048人、興収5億844万9,700円を上回る成績。初日を合わせた3日間成績は動員56万4,332人、興収8億4,567万5,500円を記録した。

 客層の男女比は83対17で男性客が多数を占めた。年齢別では20代が22.6%、50代が21.5%、30代が15.3%と続くなど、40代以上が中心だったハリウッド版よりも幅広い層に訴求。鑑賞動機としては「ゴジラが好きだから」「12年ぶりの日本製ゴジラに期待して」に続き、「庵野秀明作品だから」という回答も。作品評価が高く口コミも期待できることから、配給元では、興収40億円台も視野に入れている。

 『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・イェーツ監督がジャングル育ちの英国貴族ターザンの新たな冒険を描いた『ターザン:REBORN』が4位に初登場。496スクリーンで公開され、動員12万3,734人、興収1億6,076万5,400円を記録した。

 先週首位デビューを飾った『ONE PIECE FILM GOLD』は3位にランクダウンしたものの、動員170万9,909人、興収23億6,410万7,000円を突破。公開9日目で興収21億円を記録した『ファインディング・ドリー』を抜いて、この夏公開作品の中では最速となる公開9日間での興収23億円突破作品となった。また、公開3週目の『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』は累計動員97万186人、累計興収10億6,293万6,500円となり、興収10億円を突破した。

1/2ページ

最終更新:8月2日(火)18時14分

シネマトゥデイ