ここから本文です

【レパードS】ケイティブレイブJRA重賞初制覇へ意欲十分

デイリースポーツ 8月2日(火)7時0分配信

 「レパードS・G3」(7日、新潟)

 兵庫CSで7馬身差完勝を決め、交流G1ジャパンダートダービーへと挑んだケイティブレイブ。ゆったりとした逃げでレースを支配したが、最後はキョウエイギアの強襲に屈して2着。惜しくも3歳砂王の座には手が届かなかったものの、そのスピードとしぶとさは世代トップクラスの実力を改めて示すものだった。

 「他馬が早めに来たことで脚を使うしかなかったからね。でも、動かされたけど、よく粘ってくれた」と武豊は振り返る。3歳ダート馬の頂点を争う舞台で崩れなかっただけに、自信を深めた銀メダルと言えるだろう。

 前走後はすぐさま目標をここに設定。中間はしっかりと乗り込まれてきた。栗東坂路で行われた1週前の追い切りでは、4F53秒4-38秒9-12秒7を馬なりでマーク。04年プロキオンS(ニホンピロサート)以来のJRA平地重賞Vを目指す目野師は「前走の反動はないし、いい状態だと思う。昨年夏の小倉からずっと使ってきたけど、変わりはない」と仕上がりに胸を張る。「前走を見て、改めて3歳馬の中では強いと思ったし、うちの馬についてきた馬はバタバタになるよ。受けて立ちたいね」。今回も果敢にハナを切り、同世代のライバルをねじ伏せるのみだ。

最終更新:8月3日(水)1時18分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。