ここから本文です

トヨタがフィールドネットワーク3強からEtherCATを選んだ2つの理由

MONOist 8月2日(火)8時25分配信

 EtherCATの推進団体であるEtherCAT Technology Group(ETG)は2016年7月22日、横浜市内で「第10回ETG日本メンバミーティング」を開催した。同イベントでは、トヨタ自動車で先進技術開発カンパニー 工程改善部長を務める大倉守彦氏が、「トヨタのEtherCAT採用における期待」と題する特別講演を行った。

 トヨタ自動車は、2016年4月開催の「ハノーバーメッセ2016」において、工場内で使われるフィールドネットワークにEtherCATを全面的に採用することを発表している(関連記事:トヨタが工場内ネットワークでEtherCATを全面採用、サプライヤーにも対応要請)こともあり、イベント会場もは多くの来場者がつめかけた。

 大倉氏はまず、トヨタ自動車の生技(生産技術)・生産部門におけるIoT(モノのインターネット)技術活用について説明。稼働・物流では「停滞箇所がすぐ分かる」、品質では「良品しか作らない」、設備保全では「故障しそうなところがすぐ分かる」が可能になるとした。ただし「フルオートメーションにするのは難しいので、各場面で関わる人の働き方を中心に考えて行く」(同氏)という。

 EtherCATの導入を決めた背景には、品質と設備保全のレベルをさらに高める「スマート工場」への移行がある。大倉氏は「スマート工場を実現するには、SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)層以下のPLC層、設備層をどれだけ効率化できるか、そこでデファクトスタンダードをいかに使っていけるかが重要。グローバル企業になればなるほど必要になる」と説明する。

 同氏はデファクトスタンダードの動向として、工場内で使われるフィールドネットワークではEtherNET/IP、EtherCAT、Profinetがグローバルで3強になっているとし、センサー技術のインタフェースの有力候補ではIO-Linkを挙げた。

 ではフィールドネットワーク3強の中からEtherCATを選んだ理由は何なのか。それはEtherCATがさらなる省配線化に注力しているからだ。大倉氏は「従来は別体だった安全PLCをEtherCAT経由で接続できること、新規格のEtherCAT Pが通信と電源供給を1本のケーブルでカバーできること、この2点を重視した」と強調する。

 講演の最後に、トヨタ自動車社内での実証実験結果を報告した。現在利用しているFL-netからEtherCAT Pに置き換えることで、通信速度が2倍になるとともに、配線コストは3割減を目指せるとした。「これらの目標を達成するには、サプライヤの皆さまの協力が必要。ぜひともご提案をいただければと思う」(大倉氏)としている。

最終更新:8月2日(火)8時25分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]