ここから本文です

ランドローバー、オフロードで自動運転のデモ走行…3つの新技術

レスポンス 8月2日(火)11時30分配信

英国の高級SUVメーカー、ランドローバーは7月中旬、オールテレイン自動運転技術のデモンストレーションを実施した。

画像:ランドローバーのオフロードでの自動運転デモ走行

このデモンストレーションは、未来の自動運転車両が、どのような路面や地形でも走行できるようにするために行われたもの。ランドローバーは、広範囲な革新的研究技術の成果を披露している。

主な新技術は3つ。「路面識別および3D道路センシング」の研究では、カメラ、超音波、レーダーおよびLIDARセンサーを組み合わせ、車両に360度の視界をもたらす。非常に高精度なセンサーを搭載し、雨天時や降雪時でも路面特性からタイヤ幅まで判断し、ルート設定を可能にした。

「オーバーヘッド・クリアランス・アシスト」は、ステレオカメラ技術を活用して前方をスキャン。頭上の障害物を検知する。ドライバーがルーフボックスやルーフ上の自転車を含めた車両の高さをシステムにプログラムすれば、視界が悪い場合でも、車両がインフォテインメントシステムのスクリーンに、頭上の障害物に接触する危険を、メッセージを表示してドライバーに警告する。

「テレインベース速度調整」は、カメラを使用して平坦でない路面や起伏のある路面、波状の道路、くぼみ、溜り水なども検知。車両の乗り心地にこれらの路面が与える影響を予測し、自動的に速度を調整することで、乗員の快適性を確保する高度な機能となる。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月2日(火)11時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]