ここから本文です

80年前に事故死したベルギー王 現場の血痕をDNA分析

ねとらぼ 8月2日(火)20時10分配信

 1934年に登山中の事故で亡くなったベルギー国王アルベールI世。“真の死因”をめぐり今なお陰謀論がありますが、現場に残された血痕をDNA分析した結果、一部の陰謀論に合致しない結果が出たと同国のルーヴェン・カトリック大学が発表しました。

【血痕のついた木の葉】

 アルベールI世は1934年2月17日、岩山「マルシュ=レ=ダム」から転落し亡くなりました。しかし目撃者がいなかったことから今日まで陰謀論がささやかれており、「別の場所で殺害された」「転落はあとから偽装したもの」などと言われています。ただしこうした説を裏付ける証拠は見つかっていません。

 ルーヴェン・カトリック大学が行った調査は、地元の人々が事故直後に現場で集めた血痕のついた木の葉のDNA分析。生存しているアルベールI世の親族2人のDNAサンプルと、血痕のDNAを比較しました。その結果、葉に付着していたのはアルベールI世の血であることが分かったと同大学は述べています。

 事故から80年がたち、関係者も亡くなり、物的証拠もほとんどがなくなっている中で、この結果は歴史的な重要性があると研究チーム。すべての臆測を退けることはできないだろうとしつつも、遺体がよそから運ばれてきたという説はあり得ないものとなったと述べています。

最終更新:8月2日(火)20時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]