ここから本文です

球児&マテオがW守護神 金村コーチ、状況に応じて使い分け

デイリースポーツ 8月2日(火)9時0分配信

 阪神・金村暁投手コーチ(40)が1日、当面は藤川球児投手(36)とマルコス・マテオ投手(32)の「ダブルストッパー」体制で戦っていくことを明かした。守護神のラファエル・ドリス投手(28)が右肘の炎症で出場選手登録を抹消されているため、状況に応じて2人を使い分けていく。

 「(九回は)2人で。(例えば)足の速いバッターとか、上位につながるところは球児とか、中軸の力勝負ならマテオとか」

 7月31日・中日戦(甲子園)では、1点リードの八回に藤川が登板。八回の攻撃で5点差に広がったため、九回はサターホワイトだったが、経験豊富な2人が終盤を締めくくる形となる。

 この日、両選手ともに横浜へ移動。マテオは「八回でも九回でもいけと言われたところで継続してやっていくだけ」と意気込み、ロードでもチームを支えていく。

最終更新:8月2日(火)9時31分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]