ここから本文です

8畳スペースに大の大人が2人…

東スポWeb 8月2日(火)16時53分配信

【リオ五輪・支局便り】本紙取材班がリオ入りして4日たった。治安や生活環境への不安、不満は全く解消されないものの、徐々に慣れてきてしまった本日から「支局便り」をお届けする。

 到着早々から全員のストレスとなっているのが「選手村」に対して「メディア村」と呼ばれる報道陣向けの宿舎の環境だ。8畳ほどのスペースにシングルベッドが2台設置され、その間隔はわずか数十センチ…。イビキどころか、寝返りすらうるさい距離で大の男が2人寝ているのだ。

 世界中のメディアがこんな環境なのかと思いきや、やはりそんなことはない。本来、この8畳間は1人部屋なのだ。予約段階の行き違いにより、本紙を含めた数社が2人部屋として利用しているという。

 空室があるなら、ぜひともなんとかしてほしいもの。だが、宿舎の担当者は「キャンセルが出ないと無理」の一点張り。今もメディア村で工事が続いている様子を見る限り、「部屋が空いていない」ではなく、「できていない」というのが正しいのだが…。

最終更新:8月2日(火)16時53分

東スポWeb