ここから本文です

DeNA・ラミレス監督、筒香に“勝利至上主義のススメ”

デイリースポーツ 8月2日(火)9時0分配信

 DeNA・アレックス・ラミレス監督(41)が1日、日本選手最多タイの月間16本塁打を7月に放った筒香嘉智外野手(24)に“勝利至上主義のススメ”を説いた。

 「今のペースなら40~50本打つだろう。だが、ボックスで、本塁打の数を増やすことを考えず、チームの勝利を考えてほしい」。一発より、打点、そしてチーム打撃を推奨する思いを訴えた。

 記録ずくめの7月。球団は記念グッズの製作に着手。そしてユニホームの売り上げは前月比123%、昨年同月比137%の売り上げと急上昇。周囲は過熱する一方だ。それでも筒香は「ホームランを打っても、勝たないと意味がない」と常に言う。思いは同じだった。

 ラミレス監督は7月31日・広島戦(マツダ)で筒香が六回に放った左中間同点適時二塁打を引き合いに「ああいう打撃をしてもらいたい」と言う。逆方向への適時打こそ、期待する打撃だった。

 「みんな(月間)20本塁打を期待するかもしれない。(16本塁打は)人生で1回あるか、ないか」。指揮官と主砲は、勝利に直結する打撃を追求する。

最終更新:8月2日(火)9時29分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]