ここから本文です

空飛ぶドローンで下水道を点検…ブルーイノベーションが技術を確立へ

レスポンス 8月2日(火)12時15分配信

ブルーイノベーションは、国土交通省が進めるB-DASHプロジェクト(下水道革新的技術実証事業)でドローンによる老朽下水管の点検・調査技術など3技術を実証する。

日水コン、横浜国立大学、横浜市、ブルーイノベーションが共同で提案した「中大口径管路等を対象とした無人小型飛行体によるスクリーニング調査技術の実用化に関する調査事業」が、2016年度国交省B-DASHプロジェクトにおける予備調査事業に採択されたもの。

この事業は、下水道管路における点検調査について、ドローンを活用し安全、効率的に点検を実施するための技術の確立を目指すもの。

下水道法の改正で管路施設の腐食の恐れの大きい箇所は5年に1回の点検義務が課せられた。ただ、硫化水素の発生や流水が障害となって調査困難な箇所が多数ある。

今回のドローンを活用した点検方法の研究により、調査困難路線の調査実現・中大口径路線の安全、効率的な調査技術の確立・調査費用の低コスト化の実現を目指す。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月2日(火)12時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]