ここから本文です

【新日G1】3勝目ケニーの原動力はWWEへの対抗心

東スポWeb 8月2日(火)16時53分配信

 新日本プロレス「G1クライマックス」は1日の高松大会でBブロック公式戦が行われ、初出場のケニー・オメガ(32)がEVIL(29)を下して3勝目を挙げた。史上初の外国人G1覇者の座へ突き進む原動力となっているのは、世界最大のプロレス団体・WWEへの対抗意識だ。今年1月に激震に見舞われた極悪外国人軍の新リーダー・ケニーの胸中は――。

「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」のEVILと一進一退の攻防を展開したケニーは、強烈なヒザ蹴りで主導権を握る。リバースフランケンからVトリガー(ランニングニー)につなぐと、最後は片翼の天使(変型ドライバー)で激闘に終止符を打った。

 初出場ながら前IWGPインターコンチネンタル王者として優勝候補の一角と目されるケニーは、これで3勝2敗と白星を先行させ首位タイに浮上した。四半世紀以上にわたる歴史を誇り、今年で26回目を迎えるG1において、外国人覇者はいまだ誕生していない。ケニーには今年、どうしてもその壁を破らなければならない理由がある。

「例えば俺が決勝にすら行けなかったら…それはまるで『WWEの勝ち』みたい。カール・アンダーソン、ドク・ギャローズ(ルーク・ギャローズ)、AJスタイルズもプリンス・デヴィット(フィン・ベイラー=昨年7月に移籍)もできなかったことを、自分が成し遂げたいんだ」

 バレットクラブは今年に入ってシンスケ・ナカムラ(36=中邑真輔)と同時期にAJ、ギャローズ、アンダーソンの3選手がWWEへ移籍。存亡の危機を迎えた。激動の中で新リーダーに就任したケニーは「本当にベストのメンバーは新日本のリングに残っている、ということを見ている人に分かってほしかった。ICのベルトを取ることでそれを証明できたと思うけど、これもWWEに行ったナカムラから直接は取れなかった(注・新王者決定戦で戴冠)ので十分なものではなかった」と上半期を振り返る。

 だからこそG1を制することで、自身が歴代最高の外国人選手であることを証明したい。ケニーにとってこの夏は、他の出場19選手との戦いであると同時に、4人の元BCメンバーが活躍する世界最大の団体に対する「レジスタンス」でもある。

最終更新:8月2日(火)16時53分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]