ここから本文です

【新日G1】柴田が痛恨の3敗目

東スポWeb 8月2日(火)16時53分配信

 新日本プロレス「G1クライマックス」は1日の高松大会でBブロック公式戦が行われ、NEVER無差別級王者の柴田勝頼(36)は矢野通(38)にわずか65秒で足をすくわれ、手痛い3敗目を喫した。開始早々に強烈な蹴りを見舞ったが、クセ者・矢野が得意とする丸め込みで一瞬のスキをつかれた。柴田は無言で会場を後にした。また内藤哲也(34)は本間朋晃(39)を下し、3勝2敗で首位に並んだ。

最終更新:8月2日(火)16時53分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]