ここから本文です

駐在日本武官呼び強く抗議 防衛白書の独島記述で=韓国

聯合ニュース 8月2日(火)12時15分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は2日、日本政府が2016年版防衛白書で独島の領有権を主張したことを受け、同日午前に同部の朴哲均(パク・チョルギュン)国際政策次長が在韓日本大使館の駐在武官を呼び厳重に抗議するとともに抗議文を手渡したと明らかにした。

 同部は抗議文で「国防部は防衛省が2016年版防衛白書で、明白な韓国領土である独島を日本の領土と記述し、地図に日本の領域であることを表示するなど、不当な領有権主張を繰り返していることに対し強く抗議する」と強調した。

 また、直ちに是正措置を取ることはもちろん、今後こうした行為を行わないことを日本政府に求めるとしながら、「2005年以降同じ主張を繰り返し、韓国政府の是正措置要求を無視している日本政府に強い遺憾の意を表明する」とした。

 韓国外交部も同日午後、日本大使館の関係者を呼び正式に抗議するようだ。

 同部は日本大使館関係者に対し、独島は歴史的、地理的、国際法的に明白な韓国固有の領土だという政府の正式な立場を伝え、日本の不当な領有権主張に強い抗議の意を示すとみられる。

 中谷元・防衛相がこの日の閣議で報告した防衛白書には「わが国固有の領土である北方領土や竹島の領土問題が依然として未解決のまま存在している」という表現が盛り込まれている。

 日本政府は小泉政権の05年から12年連続で防衛白書に日本の独島領有権を主張する内容を掲載したことになる。

最終更新:8月2日(火)12時19分

聯合ニュース