ここから本文です

インドのLCCゴーエア、A320neoを72機発注

レスポンス 8月2日(火)13時33分配信

エアバスとインドの低コスト航空会社(LCC)ゴーエアは、ゴーエアがビジネス拡大のために、『A320neo』を72機発注する覚書(MOU)を締結した。

[関連写真]

ゴーエアは、ワディア・グループの1社で、2011年にA320neoを72機発注しており、今回の発注で合計発注数が144機と倍増した。

6月にはゴーエア最初のA320neoが2機引き渡されている。ゴーエアはA320neoの導入によって路線網を拡大、ビジネスの成長に注力している。

ゴーエアはエアバスの機内設備の配置を柔軟に変更して乗客により快適な居住空間を提供する革新的客室「SpaceFlex」を備えたA320neoを運航する初めての航空会社。186席を装備し、乗客の足元スペースにゆとりを持たせ、高品質なサービスを提供する。また、旅客にとって繁忙期の利用可能性も向上する。

新型エンジンを搭載するA320neoファミリーは大型のウイングチップであるシャークレットを装備し、燃費を15%削減するほか、2020年までには客室やエンジン技術の改良によって20%の燃費削減を見込んでいる。

2010年にローンチして以来、83社から4500機以上の受注があり、約60%の市場シェアを獲得している。これまでに9機のA320neoが3社に引き渡されている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月2日(火)13時33分

レスポンス