ここから本文です

ベトナムの空港システムに不正アクセス、南シナ海領有権問題に絡む?

ITmedia エンタープライズ 8月2日(火)10時45分配信

 ベトナムの首都ハノイやホーチミンの空港でシステムが不正侵入され、運行情報を示す画面に南シナ海問題を巡ってベトナムとフィリピンを中傷する文言が表示される事件が起きた。メディア各社が伝えた。

【画像:現地報道の様子】

 ベトナムのニュースサイトTuoi Tre Newsの英語版が同国運輸省の話として伝えたところでは、7月29日午後、ハノイのノイバイ国際空港とホーチミンのタンソンニャット国際空港で、運航情報を示す画面の内容が改ざんされ、ベトナムとフィリピンを中傷する文言や、南シナ海についてのゆがめられた情報が表示された。

 また、スピーカーシステムから英語で中傷的な放送が流れたという情報もある。

 この影響で搭乗手続きなどに支障が出て、便の運航が遅れるトラブルが発生。影響はベトナム国内の他の空港にも及び、多くの空港が搭乗手続きを手作業に切り替えて対応した。

 運輸省は両空港のシステムに対する攻撃を食い止め、原因を調査中と説明しているという。

 ベトナム航空のWebサイトも改ざんの被害に遭い、乗客41万人あまりの情報が流出したとも伝えられている。

 改ざんされた画面には、「China 1937CN Team」を名乗る集団の犯行声明が掲載された。ベトナムとフィリピンに対する「警告」だと主張しているという。

 南シナ海を巡っては、フィリピンが申し立てた仲裁裁判でオランダ・ハーグの国際仲裁裁判所が中国の領有権を否定する判決を言い渡したことに対し、中国が強く反発していた。

最終更新:8月2日(火)10時45分

ITmedia エンタープライズ