ここから本文です

ジャック・リヴェット追悼上映、早稲田松竹で「修道女」「美しき諍い女」など3作品

映画ナタリー 8月2日(火)14時15分配信

今年1月29日に逝去したジャック・リヴェットの追悼特集上映が、8月6日から12日にかけて東京・早稲田松竹にて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

上映されるのは、1988年製作「彼女たちの舞台」と1966年製作「修道女」、そして第44回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞作「美しき諍い女」の3作品。8月6日から8日まで上映される「彼女たちの舞台」は、パリで共同生活を送る4人の演劇学校の女学生が、不可思議な事件に巻き込まれていくさまを描いた物語。同日上映の「修道女」は、18世紀の作家ドゥニ・ディドロの同名小説をもとにした作品で、修道院に入った少女が戒律を拒否したがゆえに悲劇的な運命をたどる。

8月9日から12日まで上映される「美しき諍い女」は、長き年月を経て再び絵を完成させようとする老画家と妻、若いモデルらを巡る葛藤を映し出したヒューマンドラマ。また8月6日には、リヴェット自身が編集長を務めた映画誌カイエ・デュ・シネマの日本版での執筆経験のある映画批評家の大寺眞輔と、アンスティチュ・フランセ日本の映画プログラム主任、坂本安美によるトークショーが実施される。

なお現在、リヴェット監督作「アウト・ワン」の日本語字幕付き上映に向け、クラウドファンディングサイトMotion Galleryにて支援を募っている。こちらもあわせてチェックしよう。

早稲田松竹クラシックスvol.115 ジャック・リヴェット追悼特集
2016年8月6日(土)~12日(金)東京都 早稲田松竹料金:一般 1300円 / 中学生以上 1100円 / シニア、小学生 900円<上映スケジュール>8月6日(土)~8日(月)「彼女たちの舞台」「修道女」8月9日(火)~12日(金)「美しき諍い女」

トークショー
8月6日(土)15:30~<登壇者>大寺眞輔 / 坂本安美

最終更新:8月2日(火)14時15分

映画ナタリー