ここから本文です

ダイハツ、インドネシアで新型MPV シグラ を発売…LCGC政策適合第2弾

レスポンス 8月2日(火)16時0分配信

ダイハツは、インドネシアのエントリーカー優遇政策「LCGC(ローコスト・グリーンカー)」に対応する第2弾モデルとして、同国専用の多目的乗用車(MPV)『シグラ(SIGRA)』を8月2日より発売する。

[関連写真]

シグラは、ダイハツが日本で培った軽自動車の技術やノウハウを展開し、多人数乗車や多くの荷物を積む点など、現地で求められるニーズを反映した本格7人乗りAセグメントMPV。トヨタ自動車へOEM供給も実施する。

プラットフォームは、LCGC対応モデル第1弾の『アイラ』と共通のグローバルAセグメントプラットフォームを改良したものを採用する。エンジンはアセアン向け次世代エンジンの新型NRエンジン(1.2L)と、燃費性能・出力などを改良したKRエンジン(1.0L)を搭載。優れた燃費性能と低価格を実現する。

パッケージは、室内空間を最大限に有効活用する技術とノウハウを生かした、本格的MPVとなっており、小型車ながら大人7人が快適に座れる居住空間と、日常生活で求められる荷物収納スペース、さらに高い小回り性を実現している。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月2日(火)16時0分

レスポンス