ここから本文です

<リオ五輪>競泳パク・テファン、メインプールで初練習終える

WoW!Korea 8月2日(火)15時38分配信

2016リオデジャネイロ五輪競泳の試合が開かれるオリンピック・アクアティクススタジアムで初練習を終えたパク・テファン(朴泰桓、26)が満足感を伝えた。

パク・テファンの紹介と写真

 パク・テファンは2日午前(以下、日本時間)リオ五輪競泳の試合が開かれるメインプールで初練習をおこなった。現地時間でこの日午前、サブプールで非公開で練習していたパク・テファンは初めて実戦が行われるメインプールに姿を現した。

 彼はコーチと共に午前8時から2時間コンディションを確認し、1時間ほどペース練習やマッサージなど最後の練習をして11時以降に選手村へ向かった。

 この日プールにはパク・テファンと競うオーストラリア、中国など各国の選手たちが全員現地適応訓練をおこなった。決戦が行われる現地時間が夜10時であり、これと同様に夜遅い時間に合わせて練習をおこなった。
 
 パク・テファンは練習を終えた後、「試合が遅くにあるが、時間が変わっても大きく変わることはない」とし「時差を合わせながら練習する」と述べた。

 また彼は試合が行われるメインプールでライバルと会ったことについて「僕にとっては全員ライバルだ」と笑った。

 比較的綿密に現場適応訓練を終えたパク・テファンは「手ごたえはよかった」とし「人が少し多くて、多くの練習はできなかったが、今のコンディションを続けられるようにしたい」と述べた。初練習を終えたパク・テファンは3日、同じ場所で同時刻に練習する予定だ。

 一方、パク・テファンは来る7日、主種目である男子400メートルでメダルを狙う。

最終更新:8月2日(火)15時38分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]