ここから本文です

中日・近藤弘基がプロ初スタメン初安打 父は近藤真市投手コーチ

東スポWeb 8月2日(火)19時15分配信

 育成枠から7月14日に支配下登録されたばかりの中日・近藤弘基外野手(23)が2日、プロ初の一軍昇格を果たし、巨人戦(ナゴヤドーム)で「2番・左翼」で即先発出場。初回は中飛に倒れたが、3回二死の第2打席で中前打をマークした。

 父は近藤真市投手コーチ(47)で、高卒1年目のデビュー戦となった1987年8月9日の巨人戦(ナゴヤ球場)でノーヒットノーランの偉業を達成。そんな父と同じ巨人戦デビューとなったことに、試合前は「何かの運命かなと思うけど、意識せずにいきたい。自分より父の方が緊張するかもしれませんね。年も若いんでどんどんハツラツとしたプレーで、野球を楽しんでいる姿を見せたい」と意気込んでいた。

最終更新:8月2日(火)19時15分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]