ここから本文です

ポケモンサン・ムーンでナッシーのとんでもない新形態が公開され一瞬でクソコラグランプリが開催される事態に

ねとらぼ 8月2日(火)12時6分配信

 2016年11月18日発売予定の「ポケットモンスターサン・ムーン」で新たに公開された、ポケモン「ナッシー(アローラのすがた)」がとんでもないことになっていると話題です。首がとんでもない長さに伸びており、見た瞬間に笑って膝から崩れ落ちそうなインパクト。公式サイトのデータには、高さ10.9メートルという信じられない数字が書かれています。

【通常のナッシーとの比較】

 同作は温暖な島々からなる、「アローラ地方」が舞台。周りを海に囲まれ、1年中強い太陽が降り注ぐ「アローラ地方」ではポケモンたちが独自の生態系を築いており、さまざまなポケモンが他の地方とは違う姿を見せてくれるそう。そんななか、ナッシーはアローラ地方の太陽光をたっぷりと浴び、ものすごく縦に成長を遂げたようです。アローラの神秘マジやべぇ。

 このナッシーの画像は、公開されるとすぐにTwitter上で拡散され、あっという間に「#なっしークソコラグランプリ」が開催されるに至りました。よし、いつも通りのTwitterだな!

 ラテアートでおなじみのジョージさんは、カップを2つ使ってナッシー(アローラのすがた)の首の長さを演出。さらに、公式サイトのイラストにあるナッシーのしっぽ部分も別のカップで再現しています。その他にも、スカイツリーより高いナッシー(東京都のすがた)や、体が自動車になっている「カローラのすがた」、ゴンさんの伸びた髪の先端にくっついているナッシー、タオパイパイに柱代わりに投げられるナッシーなど、さまざまなクソコラやイラストが公開されています。元画像の時点で面白いこともあり、かなりレベルの高いクソコラグランプリになっていると感じました。

最終更新:8月2日(火)12時6分

ねとらぼ