ここから本文です

バレンティンのバットがまた頭部を直撃 広島・石原救急搬送

東スポWeb 8月2日(火)19時31分配信

 広島・石原慶幸捕手(36)が2日のヤクルト戦(神宮)の試合中、負傷して病院に緊急搬送されるアクシデントに見舞われた。

 初回二死一、三塁、ヤクルトのウラディミール・バレンティン内野手(32)が空振りした際、フォロースルーのバットが石原の後頭部付近を直撃。石原はその場に倒れ込んで、担架でベンチ裏に搬送され、会沢と途中交代。その後、救急車で近くの病院へ搬送された。球団関係者によれば「意識はあるけれど、病院に行かないと」。

 バレンティンは7月24日の中日戦(ナゴヤドーム)でも空振りした際にバットを中日の捕手・杉山の頭部に当てて“病院送り”にしており、捕手を負傷させたのは今季2度目だ。

最終更新:8月2日(火)19時31分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報