ここから本文です

来年3月のWBC1次R ソウルのドーム球場で初開催

聯合ニュース 8月2日(火)16時59分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国初のドーム球場、高尺スカイドーム(ソウル市九老区高尺洞)が、来年3月に行われる野球の国・地域別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開催地に決まった。

 WBCの主催側は2日、来年の第4回大会の開催地と組分けの一部を発表し、高尺スカイドームは日本の東京ドームとともに本戦1次ラウンドのアジア地域開催地に選ばれた。

 来年3月7~11日に高尺スカイドームで開かれる1次ラウンドには、韓国、台湾、オランダと予選を通過したチーム(ブラジル、英国、イスラエル、パキスタンの中から1カ国)が参加。総当たりで6試合が行われる。

 同期間、東京ドームでも日本、キューバ、中国、オーストラリアによる1次ラウンドの別組が行われ、それぞれ上位2チームが3月12~16日の東京ドームでの2次ラウンドに進出する。

 WBCは4年ごとに開催される。来年の大会には16カ国・地域が参加し、韓国を含む12カ国は本戦に自動で進出する。残り4カ国は予選で選ばれる。

 本戦1次ラウンドは4チームずつ4組に分かれて4カ国で開催される。各組の上位2チームが2次ラウンドに進出し、2次ラウンドで4チームが準決勝に進む。

 韓国野球委員会(KBO)は昨年秋の高尺スカイドームの完成を機に国際大会の招致に動き、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長も多角的な支援を約束していた。ソウル市は大会費用の一部を支援する方針だ。

 韓国は1次ラウンドの試合が開催される3月は気温が低く、これまでWBCの招致が難しかった。ソウル市の関係者は「肌寒い春先に開かれる来年のWBCが成功するよう、積極的に支援する。韓国も天候にかかわらずオールシーズン野球のできる国になったことを世界に伝えたい」と話している。

最終更新:8月2日(火)17時30分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]