ここから本文です

マツダ ロードスター 新型に コルベットのV8…525馬力の怪物が登場

レスポンス 8月2日(火)19時15分配信

マツダが、グローバル市場に投入した新型『ロードスター』。米国では、同車をフルチューンした怪物が、早くも登場している。

画像:フライング・ミアータの525馬力ロードスター新型

これは、米国コロラド州に本拠を置く「フライング・ミアータ」が明らかにしたもの。「新型ロードスターを、最大出力525hpまで引き上げたモンスターが完成した」と発表している。

歴代ロードスターのチューニングを専門に行うフライング・ミアータ。新型ロードスターにも、そのノウハウがフルに導入された。ハイライトは、GMのシボレー『コルベット』用のV型8気筒ガソリンエンジンの移植にある。

GMの「LS3」型と呼ばれる6.2リットルV8エンジンは、フライング・ミアータのチューニングにより、最大出力525hpを獲得。シボレー『カマロ』の高性能グレード、「カマロSS」用の6速MTを組み合わせた。

フライング・ミアータによると、新型ロードスターのエンジンルームは先代よりも広くなっており、V8エンジンの搭載は、それほど困難なことではないという。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月2日(火)19時15分

レスポンス