ここから本文です

韓国初のドーム球場、WBC大会第1Rを初開催へ

WoW!Korea 8月2日(火)17時32分配信

韓国初のドーム球場である高尺(コチョク)スカイドームでワールド・ベースボール・クラシック(WBC)大会が開催される。

 ソウル市は2017年第4回WBC大会本選第1ラウンドアジア地域開催地に、ソウル・高尺スカイドームと日本・東京ドームが確定されたと2日、明らかにした。

 ソウル市は、国際大会を誘致するというKBO(韓国野球委員会)の計画とWBC大会誘致時、多角的な支援を約束したパク・ウォンスン市長の書簡などでWBC大会を誘致することになったと説明した。

 WBC大会は4年に一度開催される。今回のWBC大会には16か国が参加する。韓国などシードで本選に自動的に進出となる12か国と予選を通過した4か国がWBC本選で優勝を争う。

 本選第1ラウンド4チームずつ4組に分かれ、4か国で開催される。各組上位2チームは本選第2ラウンドに進出し、第2ラウンド上位2チーム計4チームが決勝ラウンドへ進む。

 この中で高尺スカイドームでは2017年3月7日から11日まで本選第1ラウンドB組4チームが試合を行う。B組には韓国、台湾、オランダ、そして来る9月に米国にて行われる予選(ブラジル、英国、イスラエル、パキスタン)で1位にあがったチームの4か国だ。

 同期間、東京ドームでは日本、キューバ、中国、豪州が参加するA組の試合が行われる。

最終更新:8月2日(火)17時32分

WoW!Korea

スポーツナビ 野球情報