ここから本文です

Verily(旧Google Life Sciences)、グラクソと“バイオ電子薬”製造の新企業設立

ITmedia ニュース 8月2日(火)13時55分配信

 英製薬大手のGlaxoSmithKline(以下GSK)は8月1日(現地時間)、米Alphabet傘下のVerily Life Sciences(旧Google Life Sciences)との提携により、バイオ電子薬の研究開発企業Galvani Bioelectronicsを設立すると発表した。

GSKのバイオ電子薬

 GSKが株式の55%を、Verilyが45%を保有し、拠点は英国に置く。第2の研究ハブとして、Verilyの拠点である南サンフランシスコにもラボを設置する。両社は既得の関連知財権を新企業に寄与し、向こう7年間で最高5億4000万ポンド(約7300億円)投資する計画。

 バイオ電子薬とは、極小で体内に移植可能な端末を使って疾病を治療するという比較的新しい科学分野だ。端末は、多くの疾病で発生する神経細胞を伝わる電気信号の不調を修正するよう設計される。GSKは2012年からバイオ電子薬に取り組んできた。

 新企業は、GSKのこれまでの経験と、Verilyの電子機器開発力、臨床用ソフトウェアの開発力を合わせ、まずは炎症、新陳代謝、内分泌疾患の原理に関する臨床検査を行う計画。

 VerilyはGoogle X内で立ち上げられ、GoogleがAlphabetによる持ち株制に移行した際、スピンアウトした医療企業。これまでスマートコンタクトレンズや病気の早期発見のためのナノ粒子などを発表してきた。スマートコンタクトレンズは既にスイスNovaltisが製造している。

 Alphabetの直近の業績発表によると、VerilyはAlphabetの“その他”の中ではNestと並んで収益のある企業という。

最終更新:8月2日(火)13時55分

ITmedia ニュース