ここから本文です

【競輪】弥彦競輪G3は浅井康太が優勝

デイリースポーツ 8月2日(火)18時27分配信

 「弥彦競輪開設66周年記念G3ふるさとカップ」(2日 弥彦競輪場)

 浅井康太(32)=三重、90期、SS=が逃げ切り、福井記念、G2川崎サマーナイトフェスティバルに次いで3連続Vを飾った。記念優勝は通算20回目。2着は浅井マークの北野武史、3着には差し脚を伸ばした地元の諸橋愛が入った。

 やはり昨年のグランプリ覇者は役者が違った。北野-浜口高彰を連れて、がっちり中部ラインを形成して決勝に臨んだ浅井。「川村(晃司)さんとのもがき合いは想定していた。タイミングがきたから仕掛けた」と打鐘4角からグイグイと加速して、完全に主導権をつかんだ。「自分のペースを守って1周駆けた」と、後続を寄せ付けることなく20回目の記念優勝を決めた。

 このVで優勝賞金370万円を獲得して、「グランプリ(12月30日、立川)に向けて賞金の上積みもできた」と満足そうな表情を浮かべた。6年連続6回目となる年末決戦出場へ向けて、着々と足場を固めつつある。次走予定のG1オールスター競輪(11~15日、松戸)でも、熱い走りを見せてくれそうだ。

最終更新:8月2日(火)18時40分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]