ここから本文です

iPhoneの「Apple TV Remote」リモコンアプリ公開 テキスト検索も可能

ITmedia ニュース 8月2日(火)16時5分配信

 米Appleは8月1日(現地時間)、iPhoneを「Apple TV」のリモコンとして使えるようにするアプリ「Apple TV Remote」をApp Storeで公開した。

テキストでの検索も簡単

 同社は6月のWWDCでこのアプリのデモを披露している。第4世代Apple TVのリモコンと近い操作性で、しかも検索ではソフトウェアキーボードでのテキスト入力が可能だ。

 アプリをインストールしたiPhoneを(同じApple IDでログインしている)Apple TVと同じWi-Fiネットワークに接続し、アプリを起動して「Apple TVを追加」をタップすると、Apple TVの画面に4桁の数字が表示され、iPhone側にはそのコードを入力する枠が表示される。

 基本画面の上部の黒い部分は第4世代Apple TVリモコンのタッチパッドに相当し、指でなぞることでメニュー上を移動できる。右下のマイクアイコンをタップするとSiriが起動する。

 検索を選ぶと、トラックパッドの上にキーボードアイコンが表示され、これをタップすると下右図のようなソフトウェアキーボードが表示される。

 iPhoneアプリだが、筆者はiPadにインストールした。テキストによる検索はかなり快適だ。

最終更新:8月2日(火)16時5分

ITmedia ニュース