ここから本文です

広島4連打などで2点を追加 ルナ適時打、新井犠飛

デイリースポーツ 8月2日(火)19時19分配信

 「広島-ヤクルト」(2日、神宮球場)

 広島が三回、4連続安打と新井貴浩内野手(39)の犠飛で追加点を奪った。

【写真】“バレンティンシフト”で通常より後ろで構える会沢

 2-0で迎えた三回、先頭の田中が中前打で出塁。続く、菊池、丸の連打で無死満塁とし、4番・ルナにつないだ。石川が投じた1ボールからの2球目、内角低め131キロのカットボールを右前にはじき返した。三走・田中が悠々と本塁に生還。「最近チャンスでミスが多かったので、いい仕事ができて良かったです」と話した。

 なおも、無死満塁で1打席目に通算200本塁打を記録した新井が、1ストライクからの2球目、外角低め115キロのシンカーを捉えた。「キク(菊池)がよく走ってくれました」と犠飛となる右飛を放ち1点を追加。4点差にリードを広げた。

最終更新:8月2日(火)20時24分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]