ここから本文です

小国以載がグスマン戦熱望「穴はある」

デイリースポーツ 8月2日(火)19時52分配信

 「ボクシング・スーパーバンタム級8回戦」(2日、新宿フェイス)

 元日本、東洋太平洋スーパーバンタム王者で、WBC世界同級5位、IBF同6位の小国以載(28)=角海老宝石=が、JP・マカダンピス(25)=フィリピン=を左ボディーで1回30秒でKOした。

 「入ったと思ったらしゃがんでいた。ボディーから組み立てていこうと思っていたので、どうしようと思った。速すぎて気まずい」と苦笑い。

 今後は7月20日に和気慎吾(古口)とのIBF同級王座決定戦を11回TKOで下しタイトルを獲得したジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国)をターゲットにする。小国にとって、和気はキャリア唯一の黒星を喫した(13年)相手だけに、特別な思いがある。

 「グスマンは強いとは思うが、それほどスピードがあるとは思わないし、やれると思う。パンチはあるのだろうけど、穴はある」と自信を見せた。鈴木会長も「準備はできている。できるのなら次にでもやらせたい」と、ゴーサインを出した。

最終更新:8月2日(火)19時55分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]