ここから本文です

大渕愛子弁護士 今後のテレビ出演「控える」 業務停止1カ月の懲戒処分受け

デイリースポーツ 8月2日(火)20時13分配信

 日本テレビ「行列のできる法律相談所」などに出演する大渕愛子弁護士(38)が2日、日本司法支援センター(法テラス)の代理援助制度を利用した依頼人の女性から報酬を不当に受け取ったとして、東京弁護士会から業務停止1カ月の懲戒処分を受けた。大渕弁護士は同日、会見を開き、「法テラスに関する私の認識不足が原因」として謝罪。同時にテレビ出演については控えることを明言した。

【写真】会見で深々と頭を下げる大渕弁護士

 大渕弁護士は紺色のジャケットにスカート。髪を後ろで束ね、テレビ出演時に比べて幾分、やつれた表情。目の下にもクマができたように見えた。

 冒頭、立って「心よりお詫び申し上げます」と謝罪し、その後は妊娠6カ月ということで座って経緯を説明。処分については「不服は無い。弁護士という職業上、信頼性は大切」などと述べた。原因について「私の法テラスに関する認識不足がすべて」と反省した。

 大渕氏は「行列」のほか、TBS系の情報番組「白熱ライブ ビビット」にレギュラー出演、ABCテレビの生番組「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」(土曜、午前9・30)にもレギュラー出演している。

 大渕弁護士は、収録分についてはテレビ局に一任する考えを示した。

最終更新:8月2日(火)20時54分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。