ここから本文です

ポール・ダノ、恋人ゾーイ・カザンとの共同脚本で監督デビュー

映画ナタリー 8月2日(火)19時34分配信

「リトル・ミス・サンシャイン」「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」のポール・ダノが、リチャード・フォードの小説「Wildlife(原題)」を映画化し、長編映画監督デビューを飾るとThe Playlistなどが報じた。

「Wildlife」は1960年代のアメリカを舞台に、崩壊していく両親の関係を見つめる10代の少年ジョーの姿を描いた物語。ダノと、彼の恋人であり「ルビー・スパークス」で共演したゾーイ・カザンが、共同で脚本を執筆した。カザンは製作総指揮も務める。

なおダノは、ポン・ジュノの監督最新作「オクジャ(Okja)」でティルダ・スウィントン、ジェイク・ギレンホールらと共演。こちらは2017年にNetflixで配信される。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

(写真提供:Hahn Lionel / ABACA USA / Newscom / ゼータ イメージ)

最終更新:8月2日(火)19時34分

映画ナタリー