ここから本文です

「キング・オブ・エジプト」玉森裕太の望みは不老不死「メンバー死んでも生き続ける」

映画ナタリー 8月2日(火)20時29分配信

「キング・オブ・エジプト」の吹替版完成披露イベントが、本日8月2日に東京・イイノホールにて開催され、玉森裕太(Kis-My-Ft2)と永野芽郁が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

古代エジプトを舞台とした本作は、コソ泥の青年ベックが暴君に捕らわれた恋人ザヤを救うべく、王座を懸けた戦いを繰り広げる冒険アクション。ブレントン・スウェイツ演じるベックに玉森が、コートニー・イートン扮するザヤに永野が声を当てている。

本日8月2日が“金・銀の日”であることから、2人は金を基調とした衣装で登場。本作で吹替に初挑戦した玉森は、完成作品を観た感想を「自分の作品を観るの、すごく苦手なんですよ。かゆくなっちゃうというか。すっごい細目で観ました。僕は映ってないんですけど(笑)」と話す。

中村悠一、小山力也、沢城みゆき、田中真弓、山路和弘、大塚芳忠らも吹替キャストに名を連ねる本作。自身の参加が決まったときのKis-My-Ft2メンバーの反応を尋ねられた玉森は、アニメ好きで知られる宮田俊哉の名を出して「宮田は異常に食い付いてましたね。『おめでとう』も言われたんですけど、そのすぐあとに『え、ほかの声優さん誰出るの!?』って(笑)。確かに声優さんたちは豪華なんですけど、もうちょい俺のことフィーチャーしてくれよって思いました」と振り返る。さらに「関係者のための、ひと足早いゼロ号試写にも来る気満々でしたね。自分は関係ないんですけど、声優さんたちにお会いしたかったみたいで。でも来てなかったってことは……まあ断られたんでしょうね(笑)」と笑った。

ここで2人が、お互いのセリフで好きなものを発表し合うことに。玉森は、ベックが盗んできたドレスをもらったときにザヤが口にする「これは人の家から盗んだの? それともお店?」というセリフを挙げ、「盗みは駄目よって言ってるわりに、かわいいドレスだからちゃっかり着ちゃってるところがいいなって」と話す。一方永野は、ベックの「絶対お前を幸せにする」「大丈夫だから、俺を信じて待ってろ」という2つのセリフを紹介し、玉森や観客を観ながら「そう……言われたいじゃないですか!」と力強く訴えかける。するとファンから大きな拍手が起こり、玉森が実際にそのセリフを披露せざるを得ない状況に。しかし玉森は照れてしまったのか、わざと棒読みでセリフを読み上げ、「もう無理です! しかも今鼻声なんですよ。これは本編を観てキュンとしていただければ」とごまかした。

続いては、ベックが命懸けの冒険へ出るストーリーにちなみ「命を懸けてでも欲しいものは?」という質問が。玉森は「歳は取りたくないなあと思います。だから不老不死(の力)がいいかなあ」と回答。司会から「Kis-My-Ft2のメンバー全員で生き続けたいということですか?」と聞かれると、「いや、例えメンバーが死んじゃっても、俺は生き続けます(笑)」と即答し笑いを誘う。また永野は、「どうしても欲しいものってあんまりなくて。でも、今はどうしてもアイスが食べたい」とマイペースに答えた。

イベント終盤には、金の延べ棒を積み上げて作られた総額約1億円のピラミッドがステージに登場。それを見た2人は、「命を懸けてでも欲しいもの、これにします!」「私もこれにする!」と即座に訂正する。また金の延べ棒の1本を手に取った玉森が、警備員を警戒しながらそれを懐に忍ばせようとして、会場に爆笑を巻き起こした。

最後に玉森が「声優初挑戦ということで、自分にとっても思い入れのある作品になったので、この映画を皆さんと一緒に盛り上げていけたらいいなと思います」と、永野が「観ていて世界観に入っていける、ジェットコースターのような楽しい作品になっています。楽しんでいってください!」と観客へ挨拶し、イベントは終了した。

「キング・オブ・エジプト」は9月9日に全国ロードショー。

最終更新:8月2日(火)20時29分

映画ナタリー