ここから本文です

新衣装で夏開幕!超特急、テレ朝「サマステ」で8号車と熱いシンクロ

音楽ナタリー 8月2日(火)23時12分配信

超特急が本日8月2日に東京・六本木ヒルズアリーナで開催中のテレビ朝日主催イベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」のフリーライブ企画「コカ・コーラSUMMER STATION 音楽LIVE」に出演した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

テレビ朝日系の長寿番組「ミュージックステーション」のオープニングを彷彿とさせるメロディラインのSEと共にステージに現れた7人は、アロハシャツの生地で仕立てられたジャケット姿。夏フェス用の新衣装に8号車(ファンの総称)が大きな歓声を上げる中、彼らは自己紹介ソングの「Superstar」でライブの幕を開け、ユーキはアクロバティックなパフォーマンスで会場の熱を一気に引き上げた。

続いて届けられたのはリョウガがセンターを務める「Bloody Night」と「Believe×Believe」の2曲。彼は「Bloody Night」で怪しげな笑みをフロアに投げて歓声を誘い、「Believe×Believe」のサビではきれいに白目をむいて“感電”を表現。バックボーカルの歌声に合わせ8号車からは「ガリガリ!」とのコールが飛び、会場は大いに盛り上がった。

MCではリーダーのリョウガが「僕たちを知らない方も、もちろん知っている方も、今日という日を最高に熱く過ごしてほしいと思います!」と観客に呼びかける。すでに汗だくのカイは「水飲んでいい!?」と断りを入れ、メンバーは口々に「みんなも水飲みましょう!」とファンを気遣っていた。

またこの日のライブでは「全力下り坂」なる映像コーナーがところどころに挿入された。最初の映像ではタクヤが恵比寿にある坂道を全力で下り、息を切らす姿が映し出される。8号車は笑い声を上げながらこのVTRを鑑賞したが、続く「Kiss Me Baby」では7人がクールな身振りでオーディエンスを挑発し、空気を一変させる。コーイチが流れるようなフロウを展開するヒップホップチューン「Turn Up」がドロップされると、本編ラストの「バッタマン」へ。7人は汗を光らせながらステージを駆け巡り、タカシは大サビの「HACHIGOSHaaaaaaaaaaaaaA!」の歌詞を「テレ朝―――――!!!」と歌い替えて熱狂を誘った。

8号車のアンコールの声に7人は「Burn!」でステージを再開させ、ユースケは「まだまだ盛り上がっていけんだろ!」と叫び声を上げる。ダンサーとボーカルの2組に分かれたメンバーはステージの左右ギリギリまで駆け寄って、オーディエンスの声を求めた。リョウガの「今日一番のシンクロがしたいです」という曲紹介と共に届けられたラストナンバーは「Synchronism」。7人はそれぞれに優しい表情を浮かべながらこの曲を歌い踊り、メンバーの「一緒に!」という呼びかけに8号車は大きなシンガロングで応えていた。

超特急「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」2016年8月2日 六本木ヒルズアリーナ セットリスト
01. Superstar02. Bloody Night03. Believe×Believe04. Billion Beats05. Kiss Me Baby06. Turn Up07. バッタマン<アンコール>08. Burn!09. Synchronism

最終更新:8月2日(火)23時12分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。