ここから本文です

【MLB】苦戦するジャイアンツ、W.スミスとM.ムーア獲得で投手陣強化

ISM 8月2日(火)16時17分配信

 ナ・リーグ西地区首位のサンフランシスコ・ジャイアンツは現地1日、ミルウォーキー・ブリュワーズから救援左腕ウィル・スミス投手、タンパベイ・レイズから先発左腕マット・ムーア投手を獲得した。

 ジャイアンツは見返りとして、アンドルー・スサック捕手と有望株フィル・ビックフォード投手をブリュワーズへ、マット・ダフィー三塁手とマイナー選手2人をレイズへ放出した。

 メジャートップの勝率でオールスターブレークを迎えるも、シーズン後半戦は苦戦を強いられているジャイアンツ。トレードにより投手陣の強化を図ったボビー・エバンスGMは、「ポストシーズンに向けて課題は山積み。いい時期に彼らを補強できたと思う」と立て直しに自信を見せた。

 27歳のスミスは、前日時点で27試合に登板して1勝3敗、防御率3.68をマーク。同じく27歳のムーアは、21試合の先発登板で7勝7敗、防御率4.08の成績となっている。(STATS-AP)

最終更新:8月2日(火)16時32分

ISM

スポーツナビ 野球情報