ここから本文です

鈴木亜美、結婚&妊娠発表後初公の場 ライブで熱唱「お腹のベイビーに声を届けて」

オリコン 8月2日(火)21時31分配信

 歌手の鈴木亜美(34)が2日、東京・代々木第一体育館で行われたイベント『FEVER a-nation by SANKYO』に出演。7月1日に一般男性と結婚後、初めて公の場に登場した。

【写真】浜崎あゆみ、TRF、AAAらも出演

 鈴木は、7歳下の会社員男性とデビュー記念日である7月1日に婚姻届を提出。第1子の妊娠も発表し、来年1月に出産予定。自身のブログで「半年間という短い交際期間ですが、お互いに支え合い、笑顔で暖かいささやかな家庭を築いていきたいと思います」と決意をつづっていた。

 白いドレスのような衣装で、左手には黒い手袋をつけて登場し、デビュー曲「Love the island」や、「BE TOGETHER」などを軽いダンスも交えながら熱唱。結婚&妊娠の報告はなかったが、客席に向けて「お腹のベイビーにもみんなの声を届けて下さい」と呼びかけ、幸せあふれる笑顔で手を振っていた。

 同イベントにはそのほか、AAA、Do As Infinity、浜崎あゆみ、hitomi、倖田來未、TRF、U-KISSが出演。現在第3子を妊娠中で、10月末に出産予定のhitomiもパワフルな歌声を披露し、「こう見えて妊婦なんです」と明かすと、会場からどよめきが起こっていた。

最終更新:8月3日(水)18時37分

オリコン