ここから本文です

ともさかりえ、『家売るオンナ』第5話に出演 工藤阿須加を振り回す!?

オリコン 8月3日(水)23時0分配信

 女優のともさかりえが、日本テレビ系連続ドラマ『家売るオンナ』(毎週水曜 後10:00)に出演することがわかった。北川景子演じるスーパー不動産営業ウーマン・三軒家万智が爽快に家を売りまくる同ドラマで、ともさかは若手営業マン・庭野(工藤阿須加)が担当する勝ち気なジャーナリストの独身女性・日向詩文(ひゅうがしふみ)を演じる。

【動画】『家売るオンナ』第5話予告

 これまで、ひきこもり息子を抱える老夫婦やミニマリストと捨てられないオンナのカップルなど、クセモノぞろいの顧客の問題に首を突っ込みながらも家を売ってきた万智。第5話の新たなターゲットは“独身女性”。万智は、出版社の校閲部で働く地味な独身OL・草壁歩子(山田真歩)を担当。そのころ庭野は、万智そっくりの強気な詩文に振り回され、家探しは難航していた。詩文がようやく気に入った物件は、歩子が申し込みを進めようとしていた物件であり、実は同じ会社の犬猿の仲だった詩文と歩子は家を巡って対立する…というストーリー。

 女単(=女性単身客)の相次ぐ来店に「まだ若いのに何が悲しくて一人で家を買うのか」と噂する営業課メンバーたちだが、万智は「独身者を結婚というゴールに向かう道半ばの中途半端な人間だとするのは間違っている!」と一喝。万智と詩文の2人の強いオンナの間で右往左往する庭野は、たまには「ガツンとやってやる!」と決意。詩文と歩子の2人に自分が家を売ろうと奔走する。

最終更新:8月4日(木)11時9分

オリコン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。