ここから本文です

グウェン・ステファニー、音楽に救われたいじめられっ子をステージに

BARKS 8月6日(土)12時44分配信

現在、北米でソロ・ツアー中のグウェン・ステファニーが、先週水曜日(7月27日)フロリダ・ウエストパームビーチで開いた公演で、いじめに遭う中、彼女の音楽に救われたという少年をステージに上げた。

◆グウェン・ステファニー画像

オーディエンスが掲げていたメッセージに気づいたグウェンは、ショウを中断し、それを読み上げた。そこには「わたしの息子は1年生から5年生の間、いじめられていました。毎日、取り乱して家に帰って来ていましたが、自分の部屋に行き、あなたの音楽を聴くと、笑顔になっていました」と書かれていた。

そこまで読んだグウェンは、「いますぐ、ここに来て!」と少年をステージに上げ、泣きじゃくる彼とハグを交わし、言葉をかけた。

彼女はその後、「3年くらい前、私の人生で辛い出来事が起きていたとき、神が私に与えてくれたギフトを使い、この世界に何らかの変化をもたらすチャンスをくださいって、毎日、神に祈っていた。昨晩、この少年はその祈りへの応えだった」とのメッセージと共に、そのときの映像をインスタグラムで公開した。

グウェンは以前、学生時代、太っていて友達が少なく、いじめられていたと明かしている。

Ako Suzuki

最終更新:8月6日(土)12時44分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。