ここから本文です

刑法犯2600件過去最少 地域対策など奏功

宮崎日日新聞 8/2(火) 12:10配信

 県内で今年1~6月に発生した刑法犯の認知件数は2659件で、上半期ベースの統計が残る1989年以降、過去最少だったことが県警のまとめで分かった。防犯カメラの設置や地域ごとの取り組みにより、総数の3割前後を占める自転車盗が大きく減少したことが、主な要因とみられる。

宮崎日日新聞

最終更新:8/2(火) 12:10

宮崎日日新聞