ここから本文です

【映像】レゴ55万個でリオ再現 デンマークからの贈り物

AP通信 8月2日(火)18時26分配信

 [リオデジャネイロ ブラジル 1日 AP]  

 レゴブロックで作成されたリオデジャネイロの都市が1日に完成し、リオデジャネイロ市中心部の通り「オリンピック・ブルバード」で展示されている。完成に1年以上費やしたレゴの巨大模型は、デンマーク政府からの贈り物で制作にはチェコと米国も協力している。
 再現されたリオの名所25カ所にはコパカバーナやマラカナン競技場、イパネマ、コルコバードのキリスト像などがある。レゴ職人「マスター・ビルダー」のクリス・シュタイニンガーさんによると、世界最大のレゴの模型の1つ。
 5×6メートルの模型は重さ2.5トンで、55万個のレゴブロックが使用されている。
 オリンピックが終わると巨大模型は、リオ市内のオリンピック・シティー・ミュージアムに移動される。

(日本語翻訳 アフロ)

(C) AP

最終更新:8月2日(火)18時55分

AP通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。