ここから本文です

“筋肉アイドルレスラー”才木玲佳がゴーゴーカレーとゲームのコラボ宣伝大使に就任!

バトル・ニュース 8月1日(月)23時58分配信

 1日、カレーチェーン店『ゴーゴーカレー』とプリクラなどで有名なフリュー株式会社の『モン娘☆は~れむ』がコラボレーションを開始。初日であるこの日の開店前にはメディア向け試食会が行われ、武藤敬司率いるWRESTLE-1でCheer1として活動し、東京女子プロレスにレギュラー参戦しているプロレス総合学院一期生の“筋肉アイドル”才木玲佳が応援大使となることが発表された!

 『モン娘☆は~れむ』はセクシーモンスター娘RPGと題され、総勢250人以上の美少女化されたモンスター娘たちと仲良くなり、デートやおさわりを繰り返しながらハーレムを作り敵を倒していくゲームである。
 『ゴーゴーカレー』は日本のみならず世界に進出し、現在では60店舗以上を展開する有名カレーチェーン店。
 今回はこのゲームと秋葉原にあるゴーゴーカレー2店舗が8月1日よりコラボレーションし、店内装飾に加えオリジナルカレー『大魔界(真っ赤い)カレー』が提供される事となった。

 試食会に登場した才木は、「筋肉担当!元気!やる気!才木玲佳です!私はアイドル界でも誰にも負けない筋肉の持ち主!筋肉を持つモンスターということで選ばれたと思うんですけども、私を選んでいただいて大正解!今月、両国国技館(8・28 DDT)でプロレスのバトルをしますし、普段はCheer1という応援ガールズユニットでも活動しているので、応援することにも自信があるんです。なので、今回モン娘☆は~れむさんを全力で応援させていただきたいと思っております!」と自慢の筋肉をアピールしながら自身もモン娘であることをアピール。

 実際に『大魔界(真っ赤い)カレー』が登場すると「皆さん、見てくださいこの大まっかいカレー!普通のゴーゴーカレーさんのメニューではなく、今回のモンはれさんとのオリジナルのコラボレーションカレーになります。見てくださいこの真っ赤なパウダー!この真紅に染まった湖か池から魔物が出てくるかのようなこの瞬間!(この二つのチキンは)ツノなんですよ!魔物のツノをイメージした手羽先!手羽先といえばコラーゲンもたっぷりだし、美肌に良いということで女性にもオススメ。これだけのボリューミー、パワフルな見た目と味もガッツリ!筋肉モリモリ、れいたんみたいに体大きくしたいっていう方にも食べていただきたい一品です!聞いたところによると11年ゴーゴーカレーに携わっている秋葉原のエリアマネージャーさんいわく、今回のオリジナルカレーが今までで一番美味しく仕上がったということです!ゲームのファンだけではなく、カレーファンの方にも食べていただきたい!そんな一品でございます」と見事な食レポを披露し、豪快に手羽先を貪った才木は「美味(ウマ)ッチョ!」と叫びながらゴーゴーカレーを平らげた。

 今回のコラボレーションはカレーだけではなく、ゴーゴーカレー店内の紙ナプキンやポスターがモンはれ仕様になっている他、中央通店の壁面看板もモンはれ仕様に。さらにカレーを注文したお客様へコラボ柄のクリアファイルがプレゼントされる事が決定している。
 『モン娘☆は~れむ』のゲーム内でもモン娘が食べれる料理としてゴーゴーカレーの登場が決定。
 ゴーゴーカレーファンやモンスター娘好きな方々は是非ゲームをプレイしていただき、すでにプレイしている方々はモン娘が食べているゴーゴーカレーをこの機会に是非実際に食していただきたい。

最終更新:8月1日(月)23時58分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。