ここから本文です

東海道新幹線、7年ぶり新型車両の魅力。海外展開もGO!

ニュースイッチ 8月2日(火)7時33分配信

2020年に「N700S」導入。前年までに全車両最新型へ

 JR東海は東海道新幹線の車両更新を加速する。2020年に東海道新幹線の新型車両「N700S」を導入。新型車両を導入するのは13年の「N700A」以来、約7年ぶりとなる。足元では「N700系」を現行の最新型車両「N700A」と同等の機能に高める改造工事を実施しており、19年には131編成の全車両が最新型に置き換わる計画だ。JR東海はこの翌年から新型車両を投入し、矢継ぎ早に更新を進めることになる。

<海外展開も視野>

 JR東海が20年から導入するN700SはN700Aに比べ、駆動システムに次世代半導体「SiC(炭化ケイ素)素子」を採用する。

 同社はSiC素子を採用した新幹線車両の駆動システムを、東芝、日立製作所、富士電機、三菱電機とともに共同開発。高速鉄道の駆動システムにSiC素子を採用するのは世界初となる。柘植康英社長が「海外展開も視野に入れた革新的な車両」と胸を張るのは、このためだ。

 N700SはSiC素子の駆動システムに独自の走行風冷却技術を組み合わせ、大幅な小型・軽量化を実現。駆動システム自体の重量はN700Aに比べ約11トン、20%程度軽量化する。車両自体の重量もN700Aの1両713トンから、700トン以下になる。また、現在は全編成が16両編成の東海道新幹線だが、駆動システムの小型化で編成の自由度が増し、12両編成や8両編成なども可能になる。

<全席でスマホ充電>

 サービス面では、モバイル端末用のコンセントを増設し、普通車も含めた全座席に設置。現行の車両はコンセントが窓側か最前列に限られており、ちょっとした争奪戦もあったが、全座席でスマートフォンなどの充電が可能になり、利便性が向上する。

 JR東海は現在、N700Aを27編成保有しており、16―19年に20編成を追加投入し、19年までに51編成に拡大する。現在27編成保有する700系が、19年にすべてN700Aに置き換わり、改造を終えたN700系80編成を合わせて、131編成が最新機能を備えた車両となる。

<輸送力が強化>

 700系が引退することで、全車両で最高速度285キロメートルの走行が可能になり、さらなる輸送力の強化につながる。

 同社は18年3月にもN700Sの確認試験車を製作し、営業運転開始までの間、最終確認を実施する。すべての車両を最新型に更新した翌年から、間を置かずに最新車両を投入し、その時点で最も古い車両となるN700系を置き換える。

 27年にはリニア中央新幹線が開通し、大きく役割が変わる東海道新幹線。新型車両は編成の自由度が増すなど、そこを見越した工夫もある。

最終更新:8月2日(火)7時33分

ニュースイッチ