ここから本文です

リオ五輪=選手村でブラジル国旗掲揚=ブラジルの旗手も決まる

ニッケイ新聞 8/2(火) 9:39配信

 7月31日、リオ五輪の選手村でブラジル国旗の掲揚式が行われたと同日付現地サイト8月1日付現地紙が報じた。
 国旗掲揚はブラジル選手団の歓迎式典で行われ、トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長や、カルロス・ヌズマン、ブラジルオリンピック委員会会長、レオナルド・ピシアニ・スポーツ相、エドゥアルド・パエス・リオ市市長らも同席した。国家の伴奏は機械によって行われ、1番だけで止まったが、選手達はアカペラで2番まで歌い切った。選手村村長で元バスケット女子代表のジャネッテ・アルカインが歓迎の言葉を述べた。
 同日は、開会式の旗手も発表された。インターネット投票で49%の票を得て、旗手に決まったのは、近代五種でロンドン五輪で銅メダルを取ったイアネ・マルケスで、シドニー五輪でのサンドラ・ピーレス(ビーチバレー)以来、2人目の女性旗手となる。

最終更新:8/2(火) 9:39

ニッケイ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています