ここから本文です

岡田結実、父の希望で大学進学決意「芸能界は不安定だからって…」【動画付き】

オリコン 8月2日(火)15時0分配信

(C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右の娘でタレントの岡田結実(16)が2日、都内で行われたバンタン高等学院『ドローン&ロボティクス専攻』開校記者発表会に出席。東京都知事選を圧勝した小池百合子氏について聞かれた岡田は「難しい話は苦手ですが、たくさんの人が笑っていられる世の中になったらいいな」と話し、「私は大学で政治経済系にいきたいので、どんどん学んでいきたい」と声を弾ませた。

 大学進学は父の圭右から言われているといい、「芸能界って不安定な仕事だから、もし違う道に行きたいっていう夢ができたときのために行ってほしいって。『結実が悲しんでいる顔を見たくないから、お願い』って」と、真面目な一面を明かしていた。

 高校生らしく“気になる人”の質問をされると「演技では濱田岳さん。何にでもなれる濱田さんみたいになりたい。いつか共演したいです、演技をたくさん教えてください」と照れながらメッセージを送った。

 記者会見では、日本初となるドローン専門の学校として、バンタン高等学院の新コース『ドローン&ロボティクス専攻』、バンタンデザイン研究所 キャリアカレッジ『ドローンパイロット&空撮コース』の概要が発表された。岡田はドローンの操縦を体験し、「ずっとやってみたかったので死んでもいいかなってくらい幸せ。お父さんにおねだりして買ってもらいたい」と興奮していた。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:8月2日(火)15時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。