ここから本文です

【F1 ドイツGP】バトン8位、12位のアロンソ「全体を通して速さがない」/ホンダレースレポート

オートックワン 8/2(火) 12:17配信

F1 第12戦 ドイツGPの決勝レースが7月31日、ホッケンハイムリンクで行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが4連勝を飾り、今季6勝目を挙げた。2位はレッドブルのダニエル・リカルド、3位には同チームのマックス・フェルスタッペンが入った。

>> ドイツGPフォトギャラリー

マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンが8位、フェルナンド・アロンソは12位だった。

ホンダレポート

マクラーレン・ホンダは、F1の夏休み前に行われたドイツGPにおいて、8位という励みになる結果を出した。チームがレースで入賞したのは、今季7度目のこと。

バトンもアロンソも、ほぼトップ10圏内で落ち着いたレースを常に展開。ただ、レース終盤でバトンがチャンスを生かし、残り2周の時点で9番手から8番手にポジションを上げたのに対し、アロンソはチェッカーフラッグを受ける際に10番手から12番手へとポジションを下げる結果となった。

今日のパフォーマンスは、チーム全員が週末を通して努力したおかげである。フリー走行では難しいセッションを2日間強いられたものの、決勝ではマシンのパッケージがうまくまとまり、マクラーレン・ホンダのスピードが改善していることを裏付ける形となった。

フェルナンド・アロンソ

◇スタート:13番手

◇レース結果:12位

コメント:「今日は非常に厳しいレースでした。今のところ、今シーズンで最も厳しいレースの1つかもしれません。特にレース終盤では、タイヤが摩耗し、燃料をたくさんセーブしなければなりませんでした。今回は、現地入りする前から難しい週末になることは分かっていました。最終的に、レース終盤で10番手のポジションを失ったため、期待していた最後の1ポイントを獲得することができませんでした。ただ、我々にはレース全体を通して速さがありませんでした。(次の)ベルギーGPに向けて準備することが、今の最優先課題です。夏休みが明けたころに、さらに強くなって戻ってこられることを願っています。」

1/2ページ

最終更新:8/2(火) 12:17

オートックワン

なぜ今? 首相主導の働き方改革