ここから本文です

140年の歴史でわずか29人 イチローが達成間近のメジャー3000本安打の価値

BuzzFeed Japan 8/2(火) 5:00配信

マーリンズのイチロー外野手は31日(日本時間8月1日)、本拠地でのカージナル戦に代打で出場したが、ファーストフライに終わった。メジャー通算2998安打までは残り2本のまま、本拠地マイアミでの10連戦が終了。偉業達成は1日(同2日)から始まる敵地でのカブス3連戦に持ち越しとなった。

全米から注目を浴びるイチローのメジャー通算3000本安打。メジャーリーグの公式ホームページでは、イチローの3000本安打目がどんなヒットとなるか異例の投票も始まっている。イチローが達成間近のメジャー3000本安打とはどれほどの偉業なのだろうか。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

メジャー140年の歴史で達成者はわずか29人

1876年にナショナル・リーグが設立して以来、約140年の歴史を誇るメジャーリーグだが、3000本安打を達成した選手はこれまでわずか29人しかいない。
球聖と呼ばれたタイ・カッブ(4191安打)、ハンク・アーロン(3771安打)、近年ではデレク・ジーター(3465安打)、アレックス・ロドリゲス(3114安打、現役)などだ。

ベーブ・ルース(2873安打)、ルー・ゲーリッグ(2721安打)、バリー・ボンズ(2935安打)などの名だたる名打者も3000本安打の壁に阻まれた。
日本球界では張本勲(3085安打)だけが達成している。

3000本安打達成は、米国の野球殿堂入りがほぼ確実となる重要な数字でもある。

このため2004年には、3000本安打達成し引退した選手が、公式記録の誤りで2997本となり、残り3本のために50歳で現役復帰するというコメディー映画「Mr.3000」ができたほどだ。

コンスタントにヒットを打ち続ける難しさ

3000本安打を達成するためには、20シーズンならば平均して150安打と、数多くのヒットをコンスタントに打ち続けなければならない。

重要となるのが、まず長いシーズンにわたって打席に立ち続ける体力だ。メジャー15年でイチローが故障者リスト入り(DL)をしたのはたった一度。マリナーズ時代の2009年4月1日の胃潰瘍による出血だけと、筋肉系のトラブルによる欠場とは無縁だった。それは徹底した体調管理の賜物だ。

イチローのヤンキース時代の同僚カルロス・ベルトランはNewsdayに明かしている。

「ある日、イチローにメジャーリーグに来てからどれだけ体重が増えたか聞いたことがあるんだ。返ってきた答えは『1ポンド(約453.59グラム)』だよ。信じられるかい(笑)」

バッターボックスに立った時に常に集中力を発揮できるかも重要だ。そのためにイチローが大事としているのがルーティーン。

モノマネされるほど特徴的な打席前の”儀式”はもちろん、ランニングやウェートトレーニングは常に変わらず、チームメイトからは時計代わりになると言われたほどだ。

試合後も徹底したルーティーンは変わらない。2015年、地元紙「Sun Sentinel」の取材には、試合後にはまずグラブを磨き、家に帰った後に夕食を食べ、ウェートトレーニングを行う一連の流れは毎晩同じと答えている。

「次の日のゲームへの準備で、自分ができることはすべてやっている」

こうした毎日の積み重ねがイチローを記録へと近づけた。

1/2ページ

最終更新:8/2(火) 5:00

BuzzFeed Japan