ここから本文です

新幹線敦賀駅乗り換え不便に不快感 福井駅拠点論に市長「釈然としない」

福井新聞ONLINE 8月2日(火)18時8分配信

 福井県敦賀市の渕上隆信市長は1日の定例会見で、北陸新幹線敦賀駅開業後の同駅での特急乗り換えは利便性が悪いとして福井駅での要望があることに対して、「敦賀市としては(在来線を含め)乗り換え、乗り降りの利便性を高めるためにムービングウオーク(動く歩道)を求めている。釈然としない」と述べた。

 渕上市長は「(不便さを)解消するために必死で頑張っている。努力をどうみているのか。福井県は一枚岩でやっているのではなかったのか」と話した。

 福井駅の手前にある鯖江市の牧野百男市長や小竹法夫同市会議長、鯖江商工会議所の野村一榮会頭らは29日、北陸新幹線敦賀開業後も特急「サンダーバード」「しらさぎ」の福井駅までの運行存続を求め、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)座長の稲田朋美自民党政調会長らに要望書を提出した。

 要望書では、関西や中京からの利用者が新幹線と在来線の距離が離れている敦賀駅で乗り換えになると不便で、来県者の減少につながることを懸念。乗り換え拠点を福井駅にするよう求めた。

福井新聞社

最終更新:8月2日(火)18時8分

福井新聞ONLINE