ここから本文です

【MLB】メジャーで駆け込みトレード成立続出! 日本人所属チームも大きく変化

Full-Count 8月2日(火)8時47分配信

ダルビッシュ、前田健太はプレーオフ進出目指す補強トレード

 8月1日(日本時間2日)は、メジャーではウエーバー手続きを経ずにできるトレードの期限日だった。手続きが締め切られる米国東部時間の午後4時を前に、今年は大きなトレードが駆け込みで成立した。その中には、日本人選手が所属するチームによる大型トレードもある。一体どんなトレードが成立したのか見てみよう。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

【レンジャーズ】
 2年連続でのプレーオフ進出、そしてワールドシリーズ優勝を狙うレンジャーズは、噂されていた先発投手ではなく、野手の獲得に動いた。最大の目玉は、ヤンキースから獲得した外野手カルロス・ベルトラン外野手だろう。現在、強打者プリンス・フィルダーを欠いているが、その穴を埋められるのがベルトランだ。主にDHの役目を果たすことになりそう。39歳とはいえ、今季は打率.304、22本塁打64打点を記録。両打ちという事実も魅力だろう。3人の若手マイナーリーガーを放出したが、それだけの価値はありそうだ。

 さらに、ブルワーズから捕手ジョナサン・ルクロイと中継ぎジェレミー・ジェフレスを獲得。こちらもマイナー3選手との交換トレードだ。球宴出場経験もあるルクロイは、捕手としてだけではなく、打者としても定評もある選手。なかなか捕手が定着しないレンジャーズには貴重な存在だ。ダルビッシュとバッテリーを組む可能性も大。さらに、中継ぎジェフレスは、今季22セーブを挙げており、セットアッパーとして期待されている。

【ドジャース】
 投手陣の補強が急務だったドジャースは、アスレチックスから先発左腕リッチ・ヒルを獲得。さらに、リリーバーとして、ブルージェイズからジェシー・チャベス、アストロズからジョシュ・フィールズを獲得している。昨年レッドソックスでブレイクしたヒルは、今季アスレチックスで14試合に先発し、9勝3敗、防御率2.25の成績を収めている。エース左腕クレイトン・カーショーを欠くドジャースに心強い補強となるか。

 ヒルと同時にアスレチックスから獲得したのが、外野手ジョシュ・レディック。気持ちを前面に押し出したプレースタイルのレディックは、昨季こそやや低調だったが、今季は打率.296と復調。トレードが噂されていた外野手ヤシエル・プイグと同じ右翼を守るが、今後の起用法は気になるところだ。

 ドジャースは、ブルージェイズに救援マイク・ボルシンガー、アストロズにキューバ人一塁手ヨルダン・アルバレス、アスレチックスに若手有望株3人を送っている。

1/2ページ

最終更新:8月2日(火)8時57分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報