ここから本文です

【乗りもの豆知識】この発メロのご時世に…上野駅と新大久保駅が「ベル」であり続けるワケ

乗りものニュース 8月2日(火)17時57分配信

JR東日本は1989年に発車メロディーを導入

 列車が駅を出発するときに流れる発車メロディー。今では、それを収録したCDなども販売されており、すっかり定着した感があります。

 駅の発車メロディーは1971(昭和46)年8月、京阪電鉄の淀屋橋駅(大阪市中央区)で使われたのが始まりとされます。現在のものにつながる発車メロディーは、1989(平成元)年3月にJR新宿駅と渋谷駅に導入。その後、けたたましく鳴る従来の発車ベルに代わるものとして、JR東日本をはじめ全国の駅に広がっていきました。

 その過程で、蒲田駅(東京都大田区)の『蒲田行進曲』、高田馬場駅(同・新宿区)の『鉄腕アトム』といったように、その駅周辺の名所やエピソードにまつわる“ご当地発車メロディー”も登場します。

 しかし、発車メロディーがすっかり普及した現在でも、「ジリリリ……」や「プルルル……」と鳴る発車ベルが、JR山手線の上野駅と新大久保駅で使用されています(上野駅の一部ホームは発車メロディーを導入)。

 同じ山手線でも、新宿駅や渋谷駅は最初期に導入されており、また、高田馬場駅の『鉄腕アトム』や恵比寿駅の『第三の男』、駒込駅の『さくらさくら』など、ご当地発車メロディーも活況であるにもかかわらず、山手線29駅の中では、上野駅と新大久保駅のみ発車ベルが使われ続けているのです。

 その理由をJR東日本に聞くと、管内全体では今も、発車ベルを使っている駅が多いとのこと。上野駅と新大久保駅についても、発車ベルを使用する積極的な理由はないらしく、担当者は「沿線の自治体などからご要望があれば、発車メロディーに変更することも検討いたします」と話します。

 当たり前のように走っていた車両が引退間際になると、急に名残惜しくなるのと同様、上野駅や新大久保駅の発車ベルが発車メロディーに変更されるときが来れば、その響きが愛おしく感じられるのかもしれません。

太田幸宏(乗りものニュース編集部)

最終更新:8月2日(火)17時57分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]