ここから本文です

主力CBを怪我で失ったハンブルガー、ドルトムントのドイツ代表DFに興味か

theWORLD(ザ・ワールド) 8月2日(火)8時30分配信

補強は急務

ハンブルガーがドルトムントに所属するドイツ代表DFマティアス・ギンターに興味を示しているようだ。

先日のテストマッチでハンブルガーにとっては痛すぎるニュースが飛び込んでいる。チームの主力DFであるエミル・スパヒッチが相手FWと激突し、眼窩床骨折で4週間の離脱を強いられたのだ。これを受け、クラブのディトマール・バイエルスドルファーCEOは「このポジションに何かしらの策が必要だ」と補強をほのめかしている。

また、独『Hamburger Morgenpost』によれば、補強の候補にドルトムントのギンターが挙がっているようだ。本来のポジションはCBだが、昨季はSBとしてブレイクした選手でその順応性の高さも評価されている。

すでに2週間前にもハンブルガーはドルトムントにリクエストを送っているが、そのときには断られた模様。ドルトムントが要望を受け入れることはあるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月2日(火)8時30分

theWORLD(ザ・ワールド)