ここから本文です

イカルディ、男として成長しろ サッキ氏「ディバラは怪物。イカルディは信頼できない」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月2日(火)9時20分配信

技術だけでなく男も磨く必要あり

ユヴェントスで大ブレイクし、リオネル・メッシと比較されるほどの存在になったFWパウロ・ディバラと、インテルで得点王を獲得したこともあるFWマウロ・イカルディは今後のアルゼンチンサッカー界を引っ張る存在として期待されている。まだどちらも代表チームで居場所を確保したわけではないが、実力は代表にふさわしいものだ。

かつてミランを指揮したアリゴ・サッキ氏も、ディバラの能力は高く評価している。サッキ氏はディバラがパレルモでプレイしていた頃から評価していたようだが、イカルディに関しては評価が低い。『FourFourTwo』によると、サッキ氏は選手の前に人間として成長することが重要だとコメントし、イカルディに男としての成長を求めている。

「ディバラは怪物だ。彼は優れた選手だし、優れた人間でもある。ディバラはファンタスティックな選手で、今後大いに成長すると確信しているよ。イカルディはディバラに比べると信頼できないな。彼が男として成長することができれば、彼は選手として成長するだろう。なぜなら彼には才能があるからね」

イカルディは妻のワンダ・ナラ夫人とともに何かと話題を提供する存在で、バッドボーイの一面も持っている。アルゼンチン国内でもあまり人気がある方でもなく、印象は少しばかり悪い。サッキ氏も人間として成長してほしいと訴えているが、23歳のイカルディは選手としての技術だけでなく男も磨いていく必要がありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月2日(火)9時20分

theWORLD(ザ・ワールド)